梅雨の間の晴天☀✨

6月23日、由布市庄内町にて行われたS様邸上棟。

棟上げの日は天気が気になります。

藤丸建設の家は化粧と言って、完成した時に見える柱や桁などが多いので、雨の日は棟上げが出来ません。
職人さんの安全にも。

晴れだったのが雨にならないか、雨だったのが晴れないか・・・
常に天気予報をチェックしています。

そんな梅雨時期に晴れ!

噂では梶原棟梁の棟上げはとかは雨らしいのですが、この天気✨晴れ男と呼んでいいのでは!?
暑かったけど、時々いい風が吹いていました。
梶原棟梁、風を予約していたそうですよ(笑)
梶原棟梁の墨付け刻みは最高だったそうです。

山奥。自然に恵まれたこの場所で最高の家を✨

最高の景色で、いまから完成写真を撮るのが楽しみです📷

棟上げを終えて、お施主様を囲んで最後に締めの掛け声をするのですが・・・
この日は締めは2回!
1回目はお餅まきまで時間があったので上棟式後に梶原棟梁より
2回目は、お餅まきが終わって、最後にお施主様の掛け声で✨
Sさん、素晴らしい締めでした!
もともとスポーツマンと言う事で、とてもいい声で感動しました!

棟上げ以外に感動したことがありました。
お餅まき後、子どもたちが現場の隅に置いてあった岩を登り始めたのを見て、見守るご両親。
「危ないからやめなさい」とか言わない。全て手を出し過ぎない。
素晴らしなと思いました。子どもたちは、身体の使い方を知っている。
設計の南さんと、まだ小さいけど素晴らしい身のこなし、いい子育てだね~と感動しました。

そして、棟上げあるある・・・
山﨑棟梁と林君の区別がつかない。
同じくらいの背丈・・・林君の方が少し高いらしいけど・・・
同じベスト・・・
キャップスタイル・・・最近は林君のキャップの色が変わったので分かりやすいけど、、、
断熱材をはる時にサングラスをかけると、分けわからん(笑)
「分身の術」だそう😊

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。