投稿者アーカイブ:

2021年初棟上げ~嬉しかた~!

昨日行われた中津市H様邸の棟上げ・・・

会長が出席しない棟上げと言う事で現場の雰囲気とか心配しながらも現場に行くと、
すでに棟が上がっていました!

現場でね、何だか嬉しかったのは、現場の雰囲気。
ある程度の緊張はもちろん、たまに出る職人さんの笑顔が嬉しくて嬉しくて
”大丈夫”だなって感じます。

昨日は仮設トイレのシートがどこの現場よりピンッと張っていた事✨すげーキレイ!(でも、写真を撮るのを忘れた💦)

あとは個人的に差し金に付ける紅白の水引が上手く結べたこと。

あとはあとは、上棟式の時に最後にひとりひとり自己紹介をした際に、
お施主様から「あいちゃん、カタログを送ってくれた時から色々とありがとう」って言ってくれた事、送っただけなんですが、ちょっとお手紙付けて・・・でもすごく嬉しかったです(^-^)

気持ちが届いて良かった・・・

ありがとうございます。

これから長い長いお付き合いです、よろしくお願いします。

H様、本日はご上棟おめでとうございます。

2021年始まりました!2021年の広告・・・

今年もよろしくお願いします!!

寒い日が続いています、会社のまわりでも雪がちらほらと。
県北のほうには行けない状態です😨💦
水道管などの凍結にご注意ください。
エコキュートが凍結している報告もきています。
凍結した場合、無理にお湯をかけて溶かさずに自然に溶けるのをお待ちください。
水道のじゃぐちから水を少しずつ出すなど、凍結防止の対策もお願いします。

どうかみなさん、あたたかくしてお過ごしください。

寒いといえば、私事ですが、もう10年くらいかな?そのくらい前に実家のいち部分の断熱材を藤丸仕様の断熱材にやり替えました。
そしたら・・・断熱をやり替えただけで、やっぱりあたたかい。
二階の部屋は断熱をやり替える前まではすごく寒かったのですが、今ではそんなに寒くありません。
断熱ってすごいですね。ありがたい。

少し前にグラスウールの断熱材の話をしましたが、今藤丸建設で使っている断熱材に辿り着くまでやっぱり、いろいろと試行錯誤してきたんです。
ひとつひとつのことやモノに物語があるように、藤丸建設の材料、工法、人材育成にもたくさんの物語があります。
今年はそんな物語を少しずつ紹介出来たらいいなと・・・

あと、広報担当者としてはより多くの人に藤丸建設を知ってもらい、
寒田モデルハウスを一人でも多くの人に見てもらいたい、
あと、一人でも多くの方に納得のいった家づくりを・・・
他社さんで建てた方も、ちゃんと満足いくように。
藤丸建設のお家の性能がいいのはわかります。
でも、その性能や金額、伝えなければならないことをちゃんとお伝えできるように頑張ります。
「わかってもらえる人がお施主様・・・」という考えじゃなく、とことん説明したうえで判断してもらおうと。

あとは・・・個人的に・・・
ちょっとダイエットを・・・

実は、2021年1月よりかっこいい作業着に変わりました!!!
作業着チョイスは藤丸建設おしゃれ番長(!?)のコダちゃん。

かっこいいけど・・・
ちょっとポケット小さくて携帯電話が入りませんが・・・(笑)
でも、ストレッチ素材がきいていて動きやすいし、前の作業着よりも、ぴちっとしているのであたたかい気がします。
はい。だから作業服が似合うようにダイエットを頑張ります。あたたかく見守ってください。痩せたときには声かけてください。

さて、1/7日の仕事始めの日、毎年恒例護国神社へ
今年もこのメンバーで頑張ります!!
たくさんのご縁に、そして皆さんに感謝を込めて精進していきます。

いえさか~!!!
本年もどうぞよろしくお願いします。

2020年の想い、そして2021年へ

2020年ラストブログの更新です(多分)

最近まじめなブログが続きます、これも本当にたくさんの方のご縁をいただいた結果だと思います、ありがとうございました(^-^)

まずですね、こうして2020年最後の日を大きなけがもなくみんなが揃うことに感謝しています。

2020年は新型コロナウイルスでいろいろと制限のあった一年でした。日常が変わった一年。

これから先どうなるのか不安もありますが、私たちはこれからも“いい家”をつくる!それだけはゆるぎない。

私たちの家づくりは間違っていない、

そしてまだまだ進化できる

2020年最後に、確信とこれからの可能性を感じました。

今年もたくさんの方に”感謝”を

本当にありがとうございました(^-^)

2021年もよろしくお願いします

年末年始休み2020年12月29日~2021年1月6日まで

年始は1月7日より
※1/7はお参りなどがありますので1/8日より随時対応していきます。

1年間ブログも見てくださり、ありがとうございました。

あっ!今年の最優秀賞は安部棟梁!!

優秀賞は設計の南さん、成合棟梁、左官の小玉君✨

皆様、よりお年をお迎えください!

きっと、いい家だと思う

アルプの解体が終了して、いろいろと思うことがあります。

たくさんのお施主様から「もったいないね」って
「ありがとう」って言われる藤丸建設の家は、
きっと幸せで、性能とかももちろんだけど、
それ以上にそんな風に言ってもらえる家は、きっといい家なんだと思う。

別れを惜しむ人が、藤丸社員さんたちはもちろん、お施主様も・・・たくさんいる
また新しい場所で命を吹き込まれらることを祈ってくれている人がたくさんいる

そんな家。

それぞれが、たくさんの人が、いい家になりますようにと気持ちを込めた造った

意見したりもあったけど、目指す方向は一緒だった

「どこにも負けない、”いい家”にしよう・・・」

構造材を解体したあの日、家の中に立つと感じた棟上げと同じ雰囲気。
それは棟上げの時のあの、勢いのある雰囲気と同じ。
藤丸の家には”気持ち”がある
それがきっと、本当にいい家なんだと思う。

他社さんの家が解体されるのを見て・・・
重機で家を壊す瞬間、大きな音が家の悲鳴のようにもきこえて、なんだか悲しかったし、かわいそうだった、
見ているこっちが「まだ建ち続けたい」って言っているのを見て見ぬふりをしているようで、まるで悪い事をしているように感じた。

どの家も造った人がいるのは確か。その住まいに心を込めて造った人もいる
”いい家、いい家”とうたってきたものを物の数日で解体。
なんだか複雑な気分でした。

藤丸建設は5年経って材料がさらに乾燥していい材料、最高の材料になりました。
それを壊すのはもってのほか、たとえ解体するのに人件費がかかろうと、大切な自社の職人さんたちが気持ちを込めて造った
協力業者様が短い工期はもちろん、たくさん協力してくれた
何よりも、このモデルハウスでたくさんのご縁を頂いた。

今回初めての解体作業で、やはり、再生不可能なごみも出ました。
今後の課題ですね。
まだまだ解体するに課題はたくさんあります。

本当にありがとう、無為自然。

・・・

あっ・・・

ちょっと泣きそうです(;_;)

・・・

さぁ、来年、生まれ変わろう!!

移築の棟上げが楽しみ!

(PHOTObyAYA)

アルプ、棟おろし式

良く晴れた昨日、5年間スペシャルな営業マンとして頑張ってくれたアルプモデルハウスの構造材解体作業を無事に終えました。

ひとつひとつ解体されていく藤丸のモデルハウス。

棟上げの日と違って何とも言えない緊張感。

造り上げたものを壊すという緊張感と
だんだんと足場が無くなってくる危険を伴う緊張感

棟上げではなく、棟下しです。

屋根パネルから順番に・・・

登り桁を一本ずつ・・・
棟木を下して・・・
二階桁まわりを解体・・・

ちょっと一安心。

二階の柱から順番に1階の桁まわりを・・・

1階の板金屋根部分も取り外し・・・

家の中に入ると、そこは棟上げをしているかの様でした。

あっ・・・

そう、この感じ、棟上げの時と同じ

「家が生きている」

解体しているけど、家が生きている。命がある。
家からひしひしとエネルギーを感じた棟おろし。

ありがとう。
たくさんの出会いをありがとう。

再生可能な家造りを
残したくなる家造りを
ずっと残る家造りを

ありがとう、藤丸建設モデルハウス無為自然

そして、そこに携わった職人さん、お施主様、協力業者様、ご縁がありましたお施主様もみなさんありがとうございました。
無事にこの日を迎えました。

大分大学さん来社

昨日は大分大学院生4名が会長の話を聞きに来られました!

家造り、人材育成、企業経営、木材のこだわり、環境についてなどなどいろいろとお話をさせていただきました。

4名と引率の先生の計5名で来場。今回は、寒田モデルハウスで話をさせていただきました。

ご案内をしながら話を進めていくのですが、まー会長の話がとまらないですよね。惜しみなく話そうとする姿勢、勉強になります。ちょっとくらい秘密もあっていいのではないかな?と(笑)包み隠さずべらべらと

九州出身から韓国の方まで。日本語上手~
会長が難しい言葉を使ってもちゃんと会話についてきていました!すごい!

先生や学生さんから質問が出る中でも印象に残った質問が・・・

『会社を設立した昔と今で環境はもちろんですが、インターネットの普及やいろいろと便利になってきたこの世の中、もし、今会社を立ち上げるとしたら昔と変わらない、このやり方で(無垢の木で手刻み)かわりない方法でやりますか?』

さて、会長この質問に何と何と答えたと思いますか?

A:同じ方向性ではない
B:同じ方向性
C:どちらでもない

隣で聞いてて、確信したんです、絶対B!!
即答やろ!?って思ってたんですね。

口を開いた瞬間・・・
やっぱり、そら!って

そしたら、会長

『う~ん・・・
う~ん・・・
・・・
わからんなぁ・・・』

って!
えっ!?
B即答と思ってたのに!
やっぱり変わりすぎる環境もまた会長の中では何か引っかかるものがあるんでしょうか・・・
真相はいかに

会話をする中で、やっぱり会長も緊張したんでしょうね、いくつか質問と違うこと答えていました(笑)

そもそもなぜ断熱材などの素材にこだわりだしたか・・・

ある日会長が職人さんと一緒に床下にもぐりました。
明かりをつけました。
当時使用していたのはグラスウールという断熱材。
ホルムアルデヒドの問題などで話題になっていますね。

床下にもぐって明かりをつけた瞬間、きらきらと舞うグラスウールの細かいガラスたち。
それを見た会長は・・・
「こんな中で若い人に仕事をさせられん!」
そこに住まう人にはもちろんですが、その家をつくる職人さんたちにも優しい素材で。
職人さんに優しい=お施主様に優しい
お施主様に優しい=職人さんに優しい

こだわりの素材は、そこから。

苦しいけどやりがいのある仕事。
自分がお施主様の立場になったとき、そこに魅力はあるのか?

さて、そう考えるとこれからですね、会長&社長!!
変化や進化や伝統や色々。
守るべきものと伝え続けていく心の部分。

私も入社して17年?18年?
何棟もの棟上げや地鎮祭、引き渡しを見てきましたが、お施主様にとってはその一棟!
そうだ!
頑張ろう!
楽しもう!
大人になっても学べる環境に感謝~!

今日も読んでくださり、ありがとうございます!

大分大学の皆様、考える機会をありがとうございました!

アルプモデルハウス解体

アルプの営業が終わり、12月から本格的に解体作業が始まっています。

藤丸建設のモデルハウスはひとつひとつ手作業で解体します。
実は、このモデルハウスはそっくりそのままお嫁にいきます。

また新しい場所で、モデルハウスではなく、お施主様のお家として生まれ変わります。

5年間アルプでじっくり乾燥され、ますます良くなった材料たち

職人さんの手でひとつひとつ解体しています。
内部は壁も天井もなくなり、構造材がしっかり見えます。
外の壁もシートを張っているだけで壁はありません。
↓写真は玄関入ってみた景色です。

大切に大切に造られたお家は大切に大切に解体されます。
そして、また新しい命を吹き込まれ、お施主様の家として生まれ変わります。

ありがとう。

良い材料は長持ちします。
だから捨てません。

良い素材は地にかえります。
だから自然素材の家なのです。

大切なのは何ですか?

ずっと暮らしたくなる家を・・・

ずっと大切にしたい家を・・・

ありがとう、アルプモデルハウス。生まれ変わるのも楽しみだね🎶

O様邸地鎮祭♪

丁度、地鎮祭に出られなかったので、かわりに藤丸の奥さんが出席してくれました。
なので・・・
「どんな地鎮祭でしたか?」と藤丸の奥さんに聞いたら・・・

・・・

藤丸奥さん:「ご主人、かっこよかったよ~!バイクでスーツ着てきた!」と、ちょっと興奮気味の奥さん。

私:「おくさん、地鎮祭どうでした?(^-^;)」

奥さん:「すっごいいい天気やった・・・青空で・・・青空で・・・」

私:「はい、ありがとうございます。いい地鎮祭だったんですね。」

さて、O様邸地鎮祭が行われたのは青空に恵まれた日曜日☀゛

Oさんと初めて会ったのは、もう何年前カナ・・・?坂ノ市の見学会に、当時家造りを検討していたお施主様のK様と来場。最初雰囲気が似てたのでご兄弟かと思いました!
私、その時にちょっと、お話をさせて頂いたのを覚えています。
それから数年。アルプで再び✨「わーご無沙汰しています!」って外で。丁寧な方でOさんの印象は”お辞儀”。こんなに深々と丁寧にお辞儀をする若い方はなかなかいない気がします。
思わずこちらまで、深々と。いいですね。いつもありがとうございます。

さて、もう一つ!
間取りも決まり、いよいよ見積りと言うときに、図面を見た会長が一言「いい設計~完成がたのしみやな~」と事務所の上の部屋から大きな独り言の声が降ってきたのを覚えています。
あと、お若いのに、土地を買う決心をした事、すばらしいな~と。

あと、あと、藤丸建設を選んでいただいたことも🎶ありがとうございます(^-^)
始まりました、O様の家造り!
こ完成がワクワクします🏠✨

K様邸上棟!

昨日行われた、K様邸棟上げ‼‼
この日、会長の最後の棟上げでした!
あっ!まだまだ引退じゃないですよ、棟上げだけですね。でも、まぁ棟上げ現場にはちょこちょこ行くと思いますが🎶
そして2020年最後の棟上げ。

雲一つない青空のもと行われたK様邸上棟。
Kさんのお話をじっくり聞くのは、実は初めてな私。
Kさん、私、ちょっとイメージ変わりました!!
ご主人も奥さんもおとなしい感じの方だと・・・いやいや、間違ってないんですが、お話が面白かったです!!
こんなに笑った棟上げは久しぶりでした✨会長も喜んでいました、ありがとうございます(^-^)
色々とお世話になって(笑)これからはお世話になりませんが、私達がお世話しますよ!

棟上げも順調で、昼前には棟も上がり、屋根パネルも終わりました。
今回、棟上げをするにあたり、ご近所の皆様にたくさんお世話になりました。本当にありがとうございます。
これからもどうぞ、よろしくお願いします。

K様、ご上棟おめでとうございます!
これからたくさん現場に足を運んで、完成まで楽しんでください。
長い様で、あっという間です!
職人さんが、現場を引き上げたら、寂しくなりますよ~(byいろんなお施主様より)

さて、会長、棟上げは引退ですが・・・
これからは山ちゃんのラップの補佐をすると意気込んでいます。

会長が、
「山ちゃんのラップの、あの・・・プップ、プップいうやつを習おう」と言っていますが・・・

プップ?
プップ?

・・・

プップですか!?

はて、きっとボイパの事でしょう。そっとしておきます。もう引退ですね(笑)

次回は先日行われたO様邸地鎮祭の模様を更新します(^0^)/

家造りへの想い

5年前・・・アルプオープン時にみんなが書いた家造りへの想いをご紹介しています。
今日もみんなの想いをお届けします

◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆◇*◆*◇*◆*◇*◆*◇*◆

やっとの思いでここまで来ました。他社さんがいかに早く、手をかけずにつくりあげる、という時に、私たちは”お施主様のために”早く、きれいに丈夫に仕上げるかを考えてきました。世の中に反することですが、それが今ここまでやってこれた理由です。人のために全身全霊で造っていく、これこそが藤丸スタイルです。そしてその作品に込めた思いをお施主様たちが受け止めてくれると信じています。気が生きているように心を込めて造った家には魂が宿るのだと思います。一生に一度の大事業です。造る私たちもその思いを受け取らなくてはいけません。いま、私たちはやっとスタートラインに立てました。階段をいっぺんには上がることはできませんが、一歩ずつ、一歩ずつ上がってきました。これからが本当の勝負です。今まで応援してくれたお施主様本当にありがとうございました。これからです、見ていてください。このスタートを無駄にしないように頑張ります

藤丸建設は未熟な集団です。だから補い合って切磋琢磨する仲間と、困ったときに頼りになる協力業者さん、木のことが好きで寛容ですてきなお施主さんに恵まれ、支えられて今がある。このことをあらためて感謝し、あぐらをかくことなく、誠意を持って行動することが恩返しだと思う。どんな仕事でも同じ、結局は人対人。その人の情熱と人間性。どれだけの誇りと熱意をもって挑むのか。どれだけ相手のことを思って行動出来るか。それに尽きると思う。いい設計とは何なのか・・・?まだ模索中だけど、いつも思うことは、「そのお施主様家族にとって、愛してやまない家をつくりたい。」ということ。その信念はぶれることなく、自分にできる精いっぱいで一軒一軒に全力投球したい。