成功と失敗 いつも通り

梅雨の間の晴れ

七夕の日、竹田津のT様邸棟上げでした。

梅雨時期に晴れたことがうれしかった
なかなかお天気だけはどうしようもないので・・・

さて、私は会長と運搬がてら現場へ。
そして一日現場にいたわけですが
現場にいるといろいろと見えてきます。

いつも通りの現場
いつも通りの作業
いつも通りの職人さんの姿を見ていると
いつも通りがどんなに素晴らしいことかを感じました

気を抜くと大けがや大事故になりかねない高所での作業
いつも通りのことを当たり前に緊張して作業をする

色々ありますが反対の言葉は紙一重

気を張り詰めて

下で見守る会長とどうかケガがありませんように。
一つの油断が大けがにつながることがある。

今回の棟上げも怪我がなく無事に棟上げが終えたことに感謝✨

すみません、、、なぜか写真がアップできません(T_T)
前回の投稿も、ワンちゃんの写真がさかさまに表示される方もいるそうです・・・

現場を担当するのは卒業棟梁の中村君。
久しぶりに中村棟梁の墨付けと刻みを見て・・・
”いい仕事するなぁ”と
卒業した皆さんが、プレカットの仕事ではなく、自分自身でひとつひとつ墨付けをし、刻んでいくという己の証、足跡を今後も自信をもって造り、そして残してほしいものです。

T様ご上棟おめでとうございます🏠✨

これから長いお付き合いです、どうぞよろしくお願いします。

ご近所の皆様どうぞよろしくお願いします(^-^)

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。